Joomla!,Wordpressでサイトを構築するためのヒント

WordpressでSMTPサーバーへ直接メール送信する(GMailを使う)

公開日| 2010年06月14日 | 3 のコメントがあります。

Wordpressには、コメントや問い合わせがあった場合に、それを通知するために送信するためのメールアドレスをユーザ管理の中で行うことができます。
通常、そのメール送信は、PHPのメール送信機能(mail)がそのまま利用されます。
そのため、PHPのメール送信機能が動作しないサーバーでは、コメントやピンバックなどがあっても通知メールは届きません。

レンタルサーバーでは、ほとんどの場合、何も意志せずにメールが使えることと思いますが、自宅サーバーでは、そうもいきません。
最近では、Outbound Port 25 Blocking(アウトバウンドポート25ブロッキング、OP25B)の対策などで、簡単に自宅サーバーでMTA(メールサーバー)を立てることが困難な状況になりつつあります。
また、安易にMTA(メールサーバー)を立てることは、迷惑メールの温床(踏み台)になることも考えられますから、止めておくでしょうね。
少なくとも、しっかりとした知識を得てから、MTA(メールサーバー)は、公開されることをおすすめします。

さて、話は戻って、何らかの理由でサイトでの管理メールアドレスを外部のMTA(メールサーバー)へ飛ばしたいとき、Wordpressには、それに対応するための機能がありません。
例えば、GMailアドレスを管理アドレスとして、GMailのSMTPサーバーへWordpressから送信できないのです。

今回は、それに対応するプラグインの紹介です。

ダウンロード : Cimy Swift SMTP

この手のプラグインは、複数ありますが、これが一番安定しているみたいです。
他のプラグインも使ってみましたが、うまくいくサーバーといかないサーバーがあって、環境に依存しているものがありますので要注意です。
いずれにしてもPHP-Pearの関連モジュールがインストールされていないと動作しないようですが。

早速、インストールしてみましょう。

インストールは、通常のプラグイン同様、[プラグイン]-[新規追加]-[アップロード]から、先のダウンロード先からダウンロードしたZIPファイルを指定して、インストールします。
インストール後、プラグインを有効にします。

早速、使ってみましょう。

使い方は、
まずは、プラグインを有効にします。


設定タブに以下のように[Cimy Swift SMTP]のメニューが表示されます。


この[Cimy Swift SMTP]をクリックすると設定画面が表示されます。


設定する内容は、以下のとおりです。

送信者名

管理者の公開用の名前でも設定すると良いと思います。

送信者e-mail

管理者の公開用のメールアドレスでも設定すると良いと思います。

常に送信者を上書きする

先に設定したメールアドレスを常に送信者に設定するかどうかを指定します。
通常、何もチェックしなくても良いと思います。
例えば、問い合わせ用のプラグインページなどでは、送信者アドレスを問い合わせページで指定したアドレスを設定する場合があります。
そのような場合でも無条件に、送信者を先に設定したメールアドレスにしたい場合は、ここにチェックしましょう。

SMTPサーバアドレス

使いたいSMTPサーバのアドレスを指定します。
例えば、GMailの場合は、
smtp.gmail.com
などと指定します。

  • 25 (Default SMTP Port)
  • 465 (Use for SSL/TLS/GMAIL)
  • Custom Port: (Use Box)
ポート

  • 25 (デフォルトのSMTPポート)
  • 465 (SSL/TLS/GMAIL用)
  • カスタムポート: (ボックスに入力)

先に設定したSMTPサーバで利用するポート番号を指定します。
例えば、GMailの場合は、
465 (SSL/TLS/GMAIL用)
を選択します。
587を使いたいかたは、
カスタムポート: (ボックスに入力)
を選択し、テキストボックスに587と入力します。

ユーザー名

SMTPサーバーの認証用ユーザ名を指定します。
例えば、GMailでは、
exmaple@gmail.com
にようにGMailのアドレスを指定します。

パスワード

SMTPサーバーの認証用ユーザのパスワードを指定します。
例えば、GMailでは、GMailのパスワードとなります。

  • No
  • SSL
  • TLS (Use for Gmail)
SSL,TLSを利用するか?

  • No
  • SSL
  • TLS (Gmail用)

暗号化ですが、GMailでは、TLS (Gmail用)を選択します。

ここまで設定したら、一旦、保存します。

保存した後に、設定画面下でテスト送信をしてみましょう。
※必ず保存してからテストしましょう。保存した情報を元にテストが実施されます。



ここのテキストボックスに適当な自分のメールアドレスを設定して、”Send Test”をクリックしてみましょう。
うまく動作すれば、以下のようなメッセージが表示されます。



また、送信先のアドレスには、以下のメッセージが送られてきます。

This is a test mail sent using the Cimy Swift SMTP Plugin. If you’ve received this email it means your connection has been set up properly! Cool!

もし、うまく動作しない場合は、SMTPサーバーのアドレス、ユーザ、パスワードなどを確認してみましょう。






コメント

3 Responses to “WordPressでSMTPサーバーへ直接メール送信する(GMailを使う)”

  1. 【Wordpress】プラグインCimy Swift SMTPがうまく動かない? | Do-Web-Yourself
    2011年02月19日 @ 14:36:04

    […] ちなみにプラグインの解説はこんな記事がありました。 WordPressでSMTPサーバーへ直接メール送信する(GMailを使う) […]

  2. お問い合わせプラグイン(inquiry-form-creator)のメール送信者の修正 | WordPress | TMAXY
    2011年05月18日 @ 04:04:26

    […] 参考⇒WordPressでSMTPサーバーへ直接メール送信する(GMailを使う) […]

  3. MovableType から WordPressへの移行に参考にしたページ(自分備忘録) | 未分類 | gadgemani.com *ガジェマニ*
    2011年08月24日 @ 01:19:46

    […] ・WPtouchにGoogle Analyticsを設定してみた ~?shimajiro@mobiler?サン~ ・WordPressでSMTPサーバーへ直接メール送信する(GMailを使う) ~?blog.off-soft.net/? サン~ ・WordPressを始めるときの10のお薦めプラグイン […]

コメントをどうぞ








翻訳

最近の記事

カテゴリー

タグクラウド

execute remove フロントページ 投稿ページ トップページ install WIndows Note Convert META generator 日付 donwload file manage multibyte utf-8 unicode shiftjis euc console サイトマップ 問題 ParmaLink Redirect パーマリンク はみ出る pre テンプレート テーマ タグクラウド マルチランゲージ リダイレクト PHP(タグ) タグ table control HTML(タグ) コマンド 国際化(翻訳) SQLite(タグ) MySQL(タグ) qTranslate プラグイン(タグ) Wordpress(タグ)

リンク

このサイトは?

Joomla!,WordpressなどCMSを使ったサイト構築、サイト管理からソフトウェアの使用方法、開発環境までのヒントを記述します。

  • ソーシャルブックマーク

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ