ホーム

desktop

OFF-SOFT.net

OFF-SOFT.net


ウェブやソフトウェアに関するサポート&情報サイトです。サイト構築からソフトウェアの作成、利用まであなたの助けになるかも・・・・しれません。たぶん・・。

OulBook

oulbook

このページは、OulBook のページです。

OulBookは、
Qt を使った いわゆるアウトラインプロセッサです。
既に GPLで提供されている TuxCards と同じ機能を有するフリーのアプリケーションソフトです。

TuxCards とは、後方互換性を保ちつつ開発され、
暗号化については、TuxCards の暗号化技術をそのまま流用し、プラグインとして提供しています。(このプラグインは、GPLにて公開されています。)
このプラグインが無くても暗号化ができないだけで、通常動作に影響しません。必要ない方は、"pnp_cryptplugin.dll" を削除されてください。

最新情報およびダウンロード情報は、随時、リリース&ニュースにて 各パッケージ毎に紹介していますので、そちらを参照してください。

TuxCardsとは、
Qt を使った オープンソース(GPL)の、いわゆるアウトラインプロセッサです。
構造化されたツリーに対して、アイデアやメモなどの文書(画像も貼り付けることができます)を管理するソフトウェアです。
この階層化された文書は、1つのHTMLファイルへ変換することもできます。
主にLinuxで使われていましたが、Windows, Macでも動作します。 ただ、バイナリの提供がなかったのと、日本語への対応がないので、Linuxを利用されている方以外での利用は、かなり限定的かもしれません。

TuxCardsは、オープンソースの中でのアウトラインプロセッサとしては、確かに優れていました。 ただ、バージョン 2.21 (2010年更新)が止まっており、個人的にポータブル TuxCards (日本語版) for Windows 0.1 をリリースしてみた。 で カスタマイズを行ったものの、残存バグもあり、現状の設計思想を生かしたまま、改版していくのは 全面的な見直しが必要となりそうであることから、結局、OulBookの開発となりました。

先の記事 で TuxCardsをカスタマイズしたことから、 個人的には、あしまのFitzNote から TuxCards へ乗り換えたこともあって、 後方互換を保ちつつ開発せざるをえなかったのも一つにあります。

このような経緯で開発されたOulBookが、 概ね TuxCards の後方互換性の確認ができましたので、この度、公開となりました。
後方互換ですので、TuxCardsで作成されたXML形式のファイルや初期設定ファイルは、そのまま利用するができます。 (詳しくは、TuxCards からの移行方法 を参照してください。)

以降、OulBookの主な機能、提供パッケージ情報、ダウンロード情報について解説していきます。

ここで提供しているパッケージによるいかなる損害も補償するものではありませんので、 あくまで自己責任において、ご利用ください。 また、ダウンロードした場合、この補償条項を承認したものといたしますので、あらかじめご了解ください。

oulbook main

OulBook について

OulBook は、
階層化して文書を管理することができる、いわゆるアウトラインプロセッサです。
主な機能は、以下のとおりです。

(ツリー)階層化して管理

タイトルや概要を(ツリー)階層化することができます。
もちろん、それぞれのタイトルや概要に紐づけされた詳細な文書も記述することができます。

oulbook tree

各エントリに個別のアイコン、期限日付、文字色を指定

各タイトル(エントリ名)毎にアイコン、期限日付、文字色を指定することができます。

oulbook title

(ツリー)階層化情報にデフォルトのアイコンを表示・非表示

(ツリー)階層化した各タイトル(エントリ名)にデフォルトのアイコンを表示・非表示にすることができます。

oulbook icon

(ツリー)階層化の基準[root]を表示・非表示

(ツリー)階層化した基準[root]アイテムを表示・非表示にすることができます。

oulbook root

各エントリ毎に暗号化

各エントリ毎に暗号化することができます。
暗号化するには、(同梱されているGPLライセンス)プラグインが必要になります。

oulbook crypt

RTFで画像も貼り付け

詳細な文書には、RTFとASCIIの各フォーマットが選択できます。
RTFでは、フォントの選択、文字色、大きさなどを指定することができます。また、画像を挿入することもできます。
ASCIIは、プレーンテキストのことで、文字通り、文字だけとなります。

oulbook rtf
もし、gifなどのpng以外の画像フォーマットを利用したい場合は、以下のQt画像プラグインをダウンロードし、OulBookと同じディレクトリに解凍してください。

HTML形式で出力

ドキュメントをHTML形式で出力することができます。
それぞれのページを1つのHTMLファイルに変換保存します。 ASCIIフォーマットでは、preタグが使用されます。

oulbook html

自動保存が可能

定期的な自動保存ができます。
一定時間毎にバックアップを作成することができます。また、OulBook終了時に自動で保存する機能もあります。文書を切り替える場合は、更新時に必ず問い合わせがあります。

oulbook backup

ポータブル化が可能

ポータブルなソフトウェアとして使用できます。
単純にこのOulBookを適当なディレクトリへコピーするだけで利用することができます。 また、他PCへの移行でも、同じようにディレクトリを丸ごとコピーすれば、そのまま利用できます。
もちろんWindowsでの利用では、C:\Program Files (x86)\oulbook のようなディレクトリでも利用できます。 ただし、この場合、OulBookは、初期設定ファイルの保存場所やデフォルトで利用するディレクトリの基本ディレクトリとして各ユーザのホームディレクトリを使うようになります。

TuxCardsからOulBookへの移行方法

移行方法は、初期設定ファイルを
.tuxcards → oulbook.ini(Windows) へ変更するだけです。

この初期設定ファイルは、先の記事 のポータブル版では、 解凍ディレクトリか、ホームディレクトリに存在します。
それ以前のバージョンでは、ホームディレクトリに存在します。

ここで提供している OulBook をポータブル版として利用する場合、
解凍先のディレクトリへ、先のファイル名でコピーしてください。

また、通常のアプリケーションソフトとして利用する場合、
ホームディレクトリに先のファイル名でコピーしてください。

未提供のLinux、MAC版では、.oulbook のファイル名となります。

また、TuxCardsで作成されたXML形式のファイルについては、そのまま読み込むことができます。


リリース&ニュース

ここでは、各パッケージの最新情報(記事)および最新パッケージダウンロード情報を、以降に記載しています。
必要に応じて、以下のダウンロードリンクから、ファイルのダウンロードを行ってください。 また、インストール、アップデート方法については、zipファイルを解凍するだけです。

OulBook Package

このパッケージは、OulBook です。

ダウンロードファイルは、簡単なZIPファイルになっていて、 適当なディレクトリに解凍し oulbook.exe を実行すれば、すぐに利用できるようになります。

関連記事

ダウンロードファイル

[ Latest Version ]


[ Old Version ]

TuxCards Custom Package

このパッケージは、TuxCardsのカスタマイズ版 です。オリジナル TuxCards 2.2.1 をベースに完全にカスタマイズしたものです。
また、このパッケージは、更新されることはありません。今後は、すべて OulBook にてメンテナンスされます。

ダウンロードファイルは、簡単なZIPファイルになっていて、 適当なディレクトリに解凍し tuxcards.exe を実行すれば、すぐに利用できるようになります。

関連記事

ダウンロードファイル

[ Latest Version ]


ご利用のブラウザは、広告ブロック(AdBlockなど) が適用となっていませんか?
このサイトでは、コンテンツの一部が非表示、あるいは、コメント、お問い合わせの投稿ができない検索ができないことがあります。


  • ブックマークへ追加

  • はてなブックマークへ追加するはてな登録数
ページトップへ